📝フランクル心理学

📝フランクル心理学

February 2, 2023

フランクル心理学まとめ #

👨ヴィクトール・フランクルの著作から広がった心理学.

📝無期限の暫定的存在 #

今の特殊な絶望的状況がいつまで続くのか分からない状態.

フランクルは収容所に収容された方々の状態を無期限の暫定的存在と定義した.

ref. 📝学習性無力感


強制収容所において, 無期限の暫定的存在から脱出するパターンは2つ観測された.

  • 未来の楽観的なイメージに頼る方法
  • 今の自分自身に価値を見出す方法

未来の楽観的なイメージに頼る方法 #

未来のポジティブなイメージを作り上げ, いつか必ずそこにたどり着くという信念をもって生き抜く方法.

今の自分自身に価値を見出す方法 #

辛く苦しくても悲惨な運命であったとしても, 今2つとないあり方として存在している自分自身を肯定する, 今の自分自身に価値を見出す方法.

これこそが過酷な収容所生活において、たった一つの頼みの綱だった.

💡クリスマスの奇跡を根拠なく信じた人々が次々と死んでいった統計的事実 #

収容所において, クリスマスを超えると何かが起こるという根拠のないの奇跡を信じた人々は, クリスマスのあとに次々と死んでいった. これはフランクルの見た統計的な事実.

📝ロゴセラピー #

実存分析.

実存分析ないしロゴセラピーにとって本質的に重要なことはただひとつ、人間は(実存的な意味において)何を「なすべき」かということだけであります。 ニヒリズム的な意味の否定の代わりに、意味解明の試みがなされなければなりません。(そのつど存在する)意味を見出さなければなりません。

Internal Links #