🎓他人からの価値の略奪による対価としてのお金がほしい

🎓他人からの価値の略奪による対価としてのお金がほしい

January 24, 2023

価値の対価としてのお金という説明でずっと納得していたが, それは単なる見方の一つであることに気づいた.

誰かになにかをしたお礼としてお金をもらう. 世の中はgive and takeで成り立っている. だから, 社会で価値があることをしないとお金は手に入らないよ. 価値ある仕事をしないとお金はもらえないよ.

しかし, それは最近できた価値観の一つであり, 歴史的には新しいのではないか? 太古の昔から, 弱肉強食や自然淘汰のほうが受け入れやすい考え方であり, どちらかというと価値の交換とは難しくかつ直感的に理解できない.

大事なのはメタ認知であり, それだけが真理ではないということ. そしてわたしは社会の価値観を盲目的に信じていた.

たとえばトレードに何の意味があるんだ?しかしそれがゲームだとしたら, ゲームになんの意味があるんだ?そしてゲームに社会的意義を求め始めたら, どんなゲームが残るんだ?スポーツはいいのか?なんなんだ?

わたしは他人からの価値の略奪に寄ってお金がほしい. それは, 盲目的に信じ込まされた社会の価値観ではなく, わたしの動物的な本能からでる, 自然な発想だと思う. なかなかこの価値観を論破することが難しい, なぜならより感覚的なものなので.