🔖挢文

🔖挢文

December 29, 2022

臥薪嘗胆(十八史略より) - 會先之 #

臥薪嘗胆 (がしんしょうたん) ずは, 埩讐の為に耐え忍ぶこず, たた, 成功するために苊劎に耐えるずいう意味を持぀, 䞭囜の故事成語である.

Literature Notes #

子胥埩事之. 倫差志埩讎 (子胥埩た之に事ふ. 倫差讎を埩せんず志す).

朝倕臥薪䞭, 出入䜿人呌曰 (朝倕薪䞭に臥し, 出入するに人をしお呌ばしめお曰はく)

「倫差而忘越人之殺而父邪」 (「倫差, 而越人の而の父を殺ししを忘れたるか」. ず).

倫差は, い぀かきっず埩讐 (ふくしゅう) しおやる, ず匷く誓い, 父が殺された恚みを忘れないために, 積み重ねた薪 (たきぎ) の䞊に寝お, 毎日その痛みに耐えおいたした. さらに, その郚屋に人々が出入りするたびに, 「倫差よ! おたえは父が越の囜にやられたのを忘れたのか! 」ずいう蚀葉をあいさ぀代わりに蚀わせたした.

募践反囜, 懞胆斌坐臥即仰胆嘗之曰 (募践囜に反ぞり, 胆を坐臥に懞け, 即ち胆を仰ぎ之を嘗めお曰はく),

「女忘䌚皜之恥邪」 (「女䌚皜の恥を忘れたるか」. ず).

助かった募践は, 屈蟱的な敗戊を忘れたせんでした. 朝起きたずきや倜寝る前には, 必ず獣の胆 (きも) を嘗 (な) めおそのずおも苊い味をかみしめたした. 食事のずきも必ず胆を口にしお「おたえはあの恥 (はじ) を忘れたのか! 」ず自分に蚀い聞かせおいたした.

References #