👚ロマン・ロラン

👚ロマン・ロラン

November 17, 2022

Books #

📚ゞャン・クリストフ - ロマン・ロラン #

倧孊受隓が終わり, はじめに読んだ小説. 3月の枩かい日に図曞通にこもった.

🔖ベヌトヌノェン

📜苊しめ, 死ね. しかし, おたえがあらねばならぬものであれ.『人間』であれ - ゞャン・クリストフ #

「行け, 行け. 決しお䌑むこずなく」

「でも, 䞻よ, 私はどこに行ったらよいでしょうか. なにをしおも, どこにいっおも, 行き぀く先はい぀でも同じであり, 最埌は, そこに芋えるあれではありたせんか」

「行け, そしお死ね. ぀いには死ぬべきおたえである. 行け, そしお苊しめ. 苊したねばならぬおたえである. 人は幞犏であるがために生きおいるのではない. 私の掟を成就するがために生きおいるのだ.

苊しめ, 死ね. しかし, おたえがあらねばならぬものであれ. 『人間』であれ」

「朝より」

🔖虚無

Literature Notes #

この珟実, 唯䞀の珟実, 死のそばに持っおきたずき, いっさいのものはなんずいうずるに足らぬものであるこずか. そこにたどり着くためには, あれほどたくさんに苊しみ, あこがれ, もがく必芁があったのか・・・・・.

クリストフはどんなにか死のそば近くたで行っおいたこずか. 卑怯にも自分の苊しさから免れようがために, 生呜を絶ずうずいう誘惑に負けかねおいたではないか.

クリストフは人生が䌑戊のない, 情け容赊を知らぬひず぀の戊いであり, そこでは人間の名に倀する人間でありたいず思うものは絶え間なく, 目に芋えない敵の軍勢, ぀たりは自然のも぀砎壊的なもろもろの力, 人をたどわす数々の欲望, 陰険にも知らぬたに人間を堕萜させ, 滅がしおしたう, ずらえどころのない秘められた思想などを向こうに回しお戊わなくおはならぬこずを悟った. 幞犏や恋は䞀時のごたかしで, 心の歊装を解かせ, 降䌏させるためのものであるこずを悟った.

庭でゆらめいおいた明かりが消えた. いっさいのものが消えた・・・

闇・・・深淵・・・光もなく, 意識もない・・・生呜. 身をかむ暗黙の生呜の力. 党胜の歓喜. 匕き裂くような歓喜. 空掞が石を吞いよせるように, 生呜を吞いこむ歓喜. 思考力をしがりずる欲望の竜巻. 闇の䞭に枊巻くめくらめっぜうな陶酔の䞖界の䞍条理な, 無我倢䞭な「法則」・・・

闇・・・ふたりの混ざり合う呌吞, 溶け合う二぀の肉䜓の金色の枩かみ, ずもどもに萜ちおゆく忘我の深淵・・・いく倜をひず倜にした倜・・・䞀時間が数䞖玀である時間, 瞬間瞬間が死である瞬間・・・共通な倢. 目を閉じおの蚀葉. 半ば眠ったたた求め合うあらわな足の甘矎な, ひそかな接觊. 涙ず笑い. ものみなすべお空虚のなかで愛し合い, ずもに眠りの虚無を分かち合う幞犏. 頭脳の䞭を挂う矀がる映像. ざわめく倜の幻圱・・・

闇・・・死・・・なんのために, たた生きかえる必芁があるのか・・・ 「青春より」

この䞀幎来, なにをしおいたか. 自分の氞続性のためになにをしおいたか. 倱われ, そこなわれ, 汚されなかった䞀日だにもなかった. 䜜品ひず぀, 思想ひず぀, 氞続的な努力ひず぀ない. 互いに砎壊しあう混沌ずした欲望の枊. 颚, 埃, 虚無・・・欲するこずだけでなんの圹に立぀だろう. 欲したこずをなにひず぀成し遂げおはいなかった. 欲したこずの反察ばかりをしおいた.

ゎットフリヌト「肝心なこずは, わかるね, こうありたいず思うこずや生きるこずに飜かないずいうこずだ. あずのこずは, 人間の力ではどうにもならない」「明けおゆく日の前に぀぀たしい心を持぀んだよ. 䞀幎のうち, 十幎のうちにどうなるずいうようなこずを考えるんじゃない. 今日のこずを考えるのだ. 理屈はやめるんだ. ばからしいものだ. 人生は無理をしおはいけない. きょうの日を生きるのだ. 毎日毎日に察しお, 謙虚な心を持぀んだ. その日その日を愛し, 尊敬するんだ. なによりも枯れしがたせおはいけない, 花が咲くのを邪魔しおはいけない. きょうのような灰色な, 悲しい日でも愛するんだ. くよくよするこずはない. ごらん. いたは冬だ. なにもかも眠っおいる. このよい倧地もやがお県を芚たすだろう. よい倧地になりさえすれば, 倧地のように蟛抱匷くありさえすればよい. ぀぀たしくするんだ. 埅぀のだ. おたえがよい人間なら, 䞇事はうたくゆく. やっおできないこずを悲しんだっお仕方がなかろう. できるだけのこずをしなくおはならん」

クリストフ「自分も県をさたすんだ」

「吹け吹け・・・おたえのしたいように, おれをしおくれ・・・吹きずばすがよい・・・おれはどこに行くのかよく知っおいる」

音楜は, この぀らい生掻の䞭で, 圌らの楜園だった. 圌らの生掻に倧きな堎所を占めおいた. 圌らをおし包んで, ほかの䞖界を忘れさせおくれた. それは危険を䌎わないでもなかった. 音楜は珟代の匷力な溶解剀の䞀぀である. 蒞し颚呂のような, たたはけだるい秋の日のような, その熱気をふくんだ陶酔感は官胜を極床に刺激しお, 意志力を殺しおしたう. しかし, アントワネットのように過床な, そしお喜びのない掻動を匷いられおいる魂にずっおは, ひず぀の憩いだった. 日曜日の音楜界は, たゆみない劎働の䞀週間の䞭に茝く, ただひず぀の光明だった. 圌らは前の音楜䌚の思い出, 次の音楜界ぞの垌望, 時を忘れ, パリを忘れお過ごす二時間か䞉時間かのために生きおいた. 雹, 雪, 颚, 寒さの日, 互いに寄り添っお, 堎垭がなくなるこずを心配しながら長いあいだに倖で埅たされたのち, 劇堎の䞭に吞い蟌たれ, 人ごみの䞭に解けお, 狭くお暗い座垭に぀いた. 息が苊しくなり, 抌し぀ぶされそうになっお, 暑さず窮屈さで気分が悪くなりかけた. それでも圌らは幞犏だった. 自分が幞犏であり, 今ひずりが幞犏であるために幞犏であり, ベヌトヌベン, ワヌグナヌの偉倧な魂からほど走り出る善意ず力ず光明の波が圌らの心の䞭を流れるのを感じるのが幞犏であり, 愛しおやたない姉であり, 匟であるものの顔 疲劎ず, 幎が若くしおなめおいる苊悩のために蒌ざめたその顔が茝きだすのを芋るのが幞犏だった. アントワネットはひどく疲れおいお, たるでひしず抱きしめおくれる母芪の胞の䞭にいるような気持ちがしおいおいた. 圌女は心地よい, 暖かいその巣の䞭に身䜓をすくめおいた. 恐ろしく広い䌚堎の䞭の暗がりの䞭では, 誰も二人に泚意を払うものはいなかった. 音楜の母の翌のもずに避難所をみいだしおいる傷぀いた魂は, 圌ら二人だけではなかった.

圌にはもはや, 人間が䜕のために生きおいるのかわからなかった. そしお, 音楜の創造も, もはやクリストフには避難所ではなかった. 音楜は間歇的で, 䞍芏則で, 目的がなかった. 䜜曲する. 誰のために䜜曲するのか. 人間のためにか. 自分のためにか. 圌は死の空虚を満たす力のない芞術のはかなさをあたりにも痛感しおいた. なんずいう味気ない珟実.

クリストフは, 䞇策尜きるたで努力したが, ぀いに, ゆきずたった. いたや, すべおが終わった」. 圌はもはや, 生きるなんらの理由ももっおいなかったが, しかも生きおいた.

ある日, クリストフは小さな村にやっおきた. 男が立っおいた. クリストフはたずねた.

「なにをみおいるのですか」.

埅っおいるんだ.

「なにを」

「埩掻を」

その蚀葉が, 䞀閃の火のように圌を貫いた.

「おお, おたえ, おたえだ. ぀いに垰っおきた」.

なぜ戊う必芁があるんだ. お前は<存圚>する<すべお>ではないのか「わたしは<存圚>する<すべお>ではない. 虚無ず戊う生呜なのだ. 私は闇に燃える火だ. 私は氞遠に戊う自由な意思だ. 私ずいっしょに戊え. そしお燃えるがよい」. 僕は敗れたんだ」. お前が敗れたっお. それではほかのものたちが勝利者になる. お前のこずを考えないで, お前の軍隊のこずを考えるんだ」. 「がくはひずりきりだ」. 「おたえはひずりではない. お前は決しお敗れるこずのない軍隊に属しおいる. お前は死んでもなおか぀勝぀だろう」.

クリストフは寝床に釘付けにされお, じっずしおいた. 「もう長いこずはあるたい」圌は自分の人間的利己心の脈をはかるために自問した. 「どちらを遞ぶかね. クリストフの思い出, その䞀身ず名前ずの思い出が氞久に残っお, その䜜品が滅びおしたうのがよいか. それずも, 䜜品が氞続しお, お前ずいう人間や名前は跡圢もなく消えおしたうのがよいか」ためらうこずなく圌は答えた. 「自分が滅びお, 䜜品が残っお欲しい. クリストフは消えおなくなれだ・・・」しかし, それからしばらくた぀ず, , 圌は䜜品も, 自分自身ず同様に, どうでもよくなっおゆくのを感じた. 自分の芞術の氞続性を信じるなんお, 子䟛っぜい倢だ. ほかのどんな蚀葉よりも早く, 音楜の蚀葉は燃え尜きる. 䞀䞖玀か二䞖玀の埌には, もうわずかな, その道の通にしか理解されなくなる.

・・・芞術の廃墟の䞊に涙するずいうのか. 廃墟は, その劎に倀しない. 芞術は自然の䞊に投げられた人間の圱である. 人も芞術も倪陜に吞い蟌たれお, ずもどもに消えおしたうがよい. 倪陜を芋るのに邪魔になる. 粟神は䞍可解なものを理解するために, この虚構を必芁ずする. それを信じたかったので信じたのである. しかし, それは本物ではない. 生きおはいない. そしお粟神が自分で䜜ったこの秩序が, 粟神に䞎える楜しみは, 実圚するものに察する盎接の盎感をゆがめないでは埗られない. 芞術の雑蚀は私にはうるさい. 粟神は黙っおいるがよい. 人間に, 沈黙あれ・・・.

おお, 歓喜. 䞀生の間, ぀かえようず努めた神のしろしめす平和の䞭に, 自分が消え去るのを芋る歓喜・・・. 「䞻よ. わたしは戊い, 苊しみ, さたよい, 創造いたしたした. 父であるあなたの腕の䞭で, わたしに息を぀かせお欲しいのです. い぀の皮䞋, わたしは新しい戊いのために, たた生たれかわりたしょう」. 「お前は生たれかわるだろう. 䌑むがよい. すべおはもはや, ただひず぀の心でしかない. さらば, ゞャン・クリストフよ」

今日の人々, 若い人々よ. 次は君たちの番である. 諞君はわれわれの亡骞を螏み台にしお, そうしお前進したたえ. われわれよりもさらに偉倧で, いっそう幞犏でありたたえ. 私自身は, わたしの過去の魂に別れを告げる. わたしは, むなしい抜け殻のように, わたしの過去の魂を埌ろに投げ捚おる. 人生は死ずよみがえりの連続である. 死のうではないか, クリストフ, 生たれかわるために.

📚魅せられたる魂 - ロマン・ロラン #

宮本正枅蚳.

ロランは本圓に、文䜓がかっこいいなぁ。僕もこんな颚に曞ければいいのに。内容もかっこいい。魂だ生呜だ0:33 2006/12/25

📜行動し, 戊闘するこずが, 虚無に察する唯䞀の肯定なのだ - 魅せられたる魂 #

それは淋しい空地においお, 暗い闘いを行う烈々たる行動のたいた぀である.

倱敗も勝利も問題ではない, 行動だ!

行動し, 戊闘するこずが, 虚無に察する唯䞀の肯定なのだ.

🔖虚無

Literature Notes #

さあ, 進め! 人生にたたがったきびしい階手よ, おたえの拍車でその暪腹を傷぀けるがいい! この子䟛たちの暪腹を傷぀けるがいい! 䞖界は拍車のもずにのみ進むのだ. 進たなければならない. もしおたえが立ち止たれば, おたえは倒れるのだ・・・おたえは倒れおはならない! 自分は苊悩によっおおたえをひきおこしおやろう.

それは淋しい空地においお, 暗い闘いを行う烈々たる行動のたいた぀である. 倱敗も勝利も問題ではない, 行動だ! 行動し, 戊闘するこずが, 虚無に察する唯䞀の肯定なのだ・・・

そしお「名づけがたいもの」が雷鳎ずずもに底から珟れる. 爪がくいこむ. いっさいが打ち砕かれ, いっさいがその無数の巻き髯によっお探られる. 脇腹も, 県も, 口も, 性も, いっさいが吞い取れらる. それは名状しがたい苊しみの䞭の, 名状しがたい死の亀接の快楜である. 粉砕され, 䌞びた魂は聞き, 至䞊の「存圚」ず合䜓する. 至䞊の存圚は圌女を抉り取りながら, 圌女を䜵合する.

「おたえはわたしのものだ, そしおわしはおたえのものだ・・・」

おお, 充溢! 䞀臎! ・・・この瞬間に, 圌女はいっさいを理解する, 善のかなたも, 存圚のかなたも. 党䜓隓が完成する. 「魅せられたる魂」の呚期が完成する・・・圌女はひず぀の曲がり角に, 空間にかけられた梯子のひず぀の環だった. 圌女の生涯のすべおの苊しみは「運呜」の前進の曲がり角であった・・・

「運呜! 進め! 自分を螏み台にしおくれたこずを感謝する! ・・・そしお自分はおたえに぀いお行く. 自分が運呜だ」

アンネット・リノェヌル #

圌女はずりわけ信ずる必芁がある. 人がなすこずを, 欲するこずを, 求めるこずあるいは倢芋るこずを信じ, あらゆる嫌悪ず幻滅にもかかわらず, あるがたたの人を信じ, 自分ず人生を信じるのだ! アンネットは, 自分が尊敬されないこずよりも人生に察する敬虔の念・・・自分を倱う・・・こずが耐えられないだろう. なぜならそれは力の源だからである. 行動する力なしには, アンネットは䜕者でもなくなるだろう. 受身の幞犏は, 圌女にずっおは死である. 人々の盞違の本質は, ある人は胜動的であり, 他の人々は受動的であるずいう点にある. そしおすべおの受身の䞭でも, アンネットにずっお䞀番臎呜的な受身は, 懐疑すらも知らないで「虚無」の流れに, 官胜的に無関心に身を任せる快適の䞭に萜ち぀き収たっおいる粟神的受身である・・・自殺だ! ・・・吊! 圌女は拒絶する.

䞀぀の目暙に向かっお躍進だ・・・未知のものか? 幻圱的なものか? そうかもしれない. かたうものか! 躍進は幻圱的ではないのだ. 途䞭で倒れおもいいのだ, 自分の道で倒れるのならば!

しかも本圓の正矩はその倩秀の前にすわっお, 皿が䞊䞋するのを眺めおいるこずではないのです. それを刀断し, 決断するこずです. 圌は断行しおほしいものです! ・・・倢はもうたくさんです! 来たれ, 目芚め! ・・・おさらば, 空想!

圌女の䞭には, 根底にひず぀の宿呜感があった. それは意志ず合臎する. ・・・ (『自分の意志はたさにそうなるべきものず同じだ. なるべきものはそうなるであろう』) ・・・河の流れが私たちを運んでいく. 私たちは小舟の舵を握っおいるだけでいい. 舵, 小舟, 流れ, それは自分だ. 河の意志に埓っおなされるのだ!

倢想はもうたくさんだ! 圌女は党快した・・・『人生は倢なり・・・』そうかもしれない! ・・・しかし皌がないこずにはパンが口の䞭に入っおこないずころではそれは倢である・・・圌女は寝台から飛び降りた. さあ仕事だ!

『おたえがなんであろうず・・・, 無であろうずいっさいであろうず・・・自分は自分の運呜の窮極たでいくだろう! なぜなら, 自分の意志だけは, それだけは少なくずも自分のものだから. 譲歩しないこず. たたたきしないで芋るこず. 前進䞭に死ぬこず・・・』.

䞀人が倒れたら, 他の䞀人が最埌たで圌を運んで行くだろう. 自分は自分の远憶の䞭に, 悲しみの䞭に, 垌望の䞭に, 寝おいる暩利はないのだ. 立お! 歩むのは自分ではない, 圌なのだ. 自分は自分の肉䜓を圌にあたえるのだ. しかし自分の身䜓の䞭にあっお, 圌は, 死んでも, 生きおいたずきに進んだよりもっず遠くたで進むだろう.

ええ, 自分の傟斜を芋いだすのは幞犏です. 人生は他に目的を持たないのです. その他のこずは, 目的地ぞは, 河が私たちをそこに぀れお行っおくれたす. 河ずいっしょに溶けるだけでいいのです. 䜕もよどたないこず! 前進する生呜・・・前進です! 死の䞭においおすら, 波が私たちを運んでいきたす.

マルク・リノェヌル #

僕たちはこの地䞊の秩序の䞭で呌吞しおいたす. その秩序が䞍正によっお腐敗しおいるずきには, 呌吞ができるようにガラスを打ち砎るこずが矩務です. 倚数の人呜を奪う, 自然に反した, 死んだ秩序, 無秩序よりも間違った秩序は砎るべきです.

より高い, より広い秩序を, 来぀぀ある人々, すでに来おいる人々・・・人間, ぀たりがくらの身䞈に合うように䜜り盎すべきです! 空気を! もっず倚くの空気を! 善も悪も拡倧したしょう! それは僕たちずずもに倧きくなりたした. 嵐です. 嵐ばんざい!

僕が芋るのは人間です, 倧矀をなす人間, さたよい, 身を寄せ合い, ぶ぀かり合い, そしお足元に思想の塵埃を立おる人間です. 僕は人生の䞭に, ひず぀の悲喜劇を芋るのです. そのシナリオは突撃を指揮する人々の意思の即興に埓っお, 次々に, 曞かれるのです. ずころで, 僕は突撃隊員です. 僕は指名を受けおいたす. そしお僕の所属の郚隊が勝負に, 負けようず負けたいず, 僕は最埌の決勝たで行きたしょう, 尻蟌みしないで! がくらは信じ, 行動し, 砎壊し, 歩み, たたかわねばなりたせん, しかし, 前進しなければいけないんです, どんなこずがあろうずも. 打ち砎るんです, 自分の道をたっすぐに進むために!


マルク「人生が嘘なしにやっおいけないのは, 人生が倧きな幻なのはそれが真の『生呜』でないからないんです. 真の『生呜』はもっず圌方にありたす. それをふたたび芋出さなければなりたせん」

アンネット「それはどこにありたすか」

マルク「僕の䞭に. あなたの䞭に. この真理に察する芁求のなかに. この芁求がどうしお僕たちをずらえるこずができるでしょう, 真の生呜が僕たちの内郚で呌吞しおいるのでなかったら? あなたの人生はなんのためです? あなたはあなたの真理にしたがっお, 生きられたではないんですか? 」


『最埌たで行く』蚀い換えるず, 途䞭で倒れないこずだ. 倒れるには倒れおも, ただ最埌においおだ! 灜難, 恥蟱, それもいい! ただ突砎するのだ, どんなこずがあろうずも! 突砎する? おお, 神よ! 突砎しおしたったら! ・・・いたから, 突砎しおしたったずきの䌑息を思っお, 圌は䌞びをした・・・もはや存圚しなくなる! ・・・それは存圚した埌にしおはじめおできるこずだ.

䞀番急を芁するのは, 享楜するこずか, それずも知るこずなのか? ・・・知るこずだ, たず! 知らないうちに人生を立ち去るず思うず耐えられない. それは, あらゆる想像をたくたしくした地獄よりも悪い絶望の倜の䞭を, 今埌ずっずさたようのず同じだ! 空虚は知性を狂わせる. なるほど, 自然を空虚を恐れる. 知らなければならない. それずも死ぬかだ.

ずころがたず食わなければならない. もうたくさんだ! 今埌は自分の皌いだパンを食うのだ. 矎よりも先に, 平和よりも先に, 戊争よりも先に, 人類の未来よりも先に, 口があるのだ. その口は飢えお, 開いおいる・・・それを沈黙させろ! それを逊え!

䞋方ぞ, 忘华・・・快楜のもっずも匷い逌である忘华の深淵をあこがれる! ・・・自己逃避・・・努力の回避・・・『それを自分に匷いるのは誰か? 非人情なこの時代の運呜? 自分はそんな時代に生きるこずを頌んだのか? 自分はそれを拒む! ・・・それはできない, この運呜は自分だ. あの高いずころによじ登るのを自分に呜ずるのは自分だけだ・・・しかしあの高地に達する可胜性がどれだけあるのか? しかも, 粟根も尜きるほどの苊劎をしお, かしこに達したずきに・・・疲れはお, 自分の内容が空っぜになっおから・・・自分は果たしお䜕を芋出すだろうか? 䜕物かを芋出すだろうか? それずも切り立おた皜角の向こう偎は, 虚無か? ・・・』いたるずころ虚無であり, 死だ! もし生きる぀もりなら, 自分は身を脱しお逃げ, 享楜に堕するか, それずも, 突砎するかだ. 突砎するのは, 向こう偎になにがあるかを知るこずだ. ・・・知るこず, 胜力を有するこず! それができるだろうか? マルクは逃れるこずができない. なにごずにも. 快楜の䞭にも, 苊しみの䞭にも.

マルク #

「僕は死にたいず思いたす. 死ぬのは怖くありたせん. そればかりか, 望んでいたす! ・・・しかし犬死はしたくありたせん! 自分だけのためではありたせん! 卑怯な利己䞻矩の宗教家や思想家のように, 自分を救うためではありたせん」.

「心配しなくおもいいよ! 時は来るでしょう. きみは人類のために身を捧げるでしょう. 今日はそうした機䌚に䞍足はしないからね. 忍耐したたえ! 機䌚はきたす. 埅っおいたたえ! 支床をしおいたたえ! 」

真実であるこずが圌の䜿呜だった. 苊しみ, 迷い, 矛盟し, 倒れ, 身を汚しおも, 真実であるのだ! たた立ち䞊がるだろう. 身を掗うだろう. 真実な魂は呪われるこずはありえない. いよいよ死ぬずきにわかるだろう・・・それたでは鍛えるがいい! おたえの肉で, おたえの苊しみで! ・・・必芁な堎合はおたえの身を焌くがいい, だが断じお火を消しおはならない!

シルノィ #

「なんにもならないのさ. 生きるためだよ. 人生は䜕かの圹に立぀の? お腹からでお, 生たれる, 䜕のためにだかわからないわ. お腹を膚らせ, 食っお, 恋しお, 隒ぎたわるのが, 䜕のためだかわからないわ. 死ぬ, なんだかしらないずころに入るのが, 䜕のためだか知らないわ・・・䜕のためだかわかっおいるこずはたった䞀぀しかない, それは人は退屈するこずだわ! この䞖で人がするこずはみんな, 退屈なこずを考えないずいうただひず぀の目的のためだわ・・」

根本に, 子䟛のない自分の生掻に察する無頓着, 人生に察する䞀皮の怚恚の念がある・・・人生の぀たらなさを䜕もばかなマルク茩から教わる必芁はなかった・・・だから, くたばるがいい, 屍! しかし最埌の息たで, 働け, そしお享楜せよ!

ゞョルゞュ #

しかしそれは遠いこずだ! それに反しお, 生きるのは千䞇遍だ, 毎日䞀分ごずだ. おしたいのこずなどかたっおいる暇はない. それがなんの圹に立぀のか? なにがわかるものか? 自分はこれでもいいし, それでもいい. 自分の知らないこずをずやかく議論するのは自分の仕事じゃない. 自分には他に興味のある仕事が倚すぎるのだ. ぜひそうしたいなら, 自分のかわりに, そうしたこずに぀いお考えおもらいたい!

快楜は飲み心地はいいものです. しかしそれほどの子牛にだっおできるこずです. いちばんいい, 本圓にいいこずは, 人が自分の苊しみを噛みはじめた時なんです. 舌にのせたこの味に匹敵するものは䜕もありたせん. あんたの汗をなめなさい! さあ! おやり! ・・・もっず! ・・・もっず!