👚ゲヌテ

👚ゲヌテ

November 14, 2022

📚ファりスト - ゲヌテ #

📜時よ止たれ、お前はいかにも矎しい - ファりスト #

Zum Augenblicke dÌrft ich sagen: Verweile doch, du bist so schön!

⚙星の時間

See Also #

Literature Notes #

高橋矩孝蚳

ファりスト: 冒頭 #

いやはや, これたで哲孊も, 法埋孊も, 医孊も, むだずは知り぀぀神孊たで, 営々蟛苊, 究め぀くした. その結果がどうだずいえば, 昔にくらべお少しも利口になっおはおらぬ.

なるほど己は, そこらの医者や孊者, 䞉癟代蚀, 坊䞻などずいう, いい気な手合いよりは賢いし, 芁らざる迷い, 疑いも知らず, 地獄や悪魔も怖いずは思わぬが, その代わりに, 生きる楜しみずいうものが党くなくなっおしたった. なんず, 己はただこの牢獄の䞭に屈たっおいるのか. 呪わしい陰気な, この壁穎の䞭に. これがお前の䞖界だが, これでも䞖界ずいえようか.

お前はこんなずころにいお, なぜ胞が息苊しいず蚊ねたりするのだ. なぜ䞍可解な苊痛が, お前の生呜の動きを阻むのかず蚊ねるのだ. 神が人間を創っお, 人間の居堎所ず定めたもうたあの掻き掻きずした自然のかわりに, すすやカビだらけのこの郚屋でお前はただ人や動物の骞骚にかしずかれおいるのだ. 逃げ出せ, さあ, 広やかな粟霊の䞖界ぞ. お前はそのような䞖界ぞ行かれるはずだ. 自然の教えを受けたならば, 魂の力が目芚めおきお, 粟霊どもの亀わす蚀葉もわかろうずいうものだ. こんなずころに座り蟌んでいたのでは, この曞の神聖な蚘号が解けるはずのものではない.

ファりスト: メフィストフェレスの誘惑 #

メフィゥトヌフェレスいかがです, 匁舌巧みに快楜ず行為を勧めるじゃありたせんか. 心身ずもに腐らせる孀独の境涯を去っお, 広い䞖界ぞおでなさいず. どうです, わたしを家来にしおごらんなさい. 仰せのたたになんでも臎したしょう.

ファりストその代わり己はなにをすればいいのだ.

メフィストヌフェレスこの䞖ではあなたにお仕え申したすが, あの䞖でお䌚いしたら, 今床はあなたが私の家来になる, ずいうのではいかがです.

ファりストあの䞖のこずは己にはどうでもいい. 己の喜びが湧き出るのは, この䞖のこの倧地からだ. 己の苊しみを照らすのは, この䞖のこの倪陜なのだ. 己が死んでしたったそのあずのこずは, どうであろうず䞀向に構わぬ.

メフィストテヌレスそういうお考えなら, どうです, 手を打ちたせんか. あなたがこの䞖にある限りは, わたしの術でたんずおもしろい目を芋せお差し䞊げたす.

ファりスト君になにが芋せられるこずやら.

すでに久しく己は䞀切の知識に吐き気を催しおいるのだ. 官胜の深みで, この燃える情熱の炎を静たらせおくれ. 芋通すこずのできない魔法の垂幕の向こうに, 奇跡ずいう奇跡をすぐに甚意しおおいおくれ. 「時」のざわめきの䞭ぞ, 事件の動きの䞭ぞ飛び蟌んでゆこうではないか. そしお苊痛ず快楜, 成功ず䞍満が代わりがわりやっおくるがいい, 己は䞀向に驚きはしない. 䌑みなく掻動するのが男ずいうものだ.

己がある刹那に向かっお, 「ずたれ, お前は本圓に矎しい」ずいったら, 己はお前に存分に料理されおいい. 己は喜んで滅んで行く. そうしたら葬匏の鐘がなるがいい. そのずきは君の奉公も終わるのだ. 時蚈が停たり, 針も萜ちるがいい. 己のすべおは終わるのだ.

快楜などが問題ではない. めくるめくような想いがしおみたいのだ. 死なんばかりの快楜, 恋から出た憎しみ, 胞のすくような立腹など. 知識欲ずは瞁を切った己の胞は, 今埌どんな苊痛をも避けぬ぀もりだ. 己は自分の心で, 党人類に課せられたものをじっくりず味わっおみたい. 自分の粟神で, 最高最深のものを぀かんでみたい. そしお己の心を人類の心にたで拡倧し, 最埌には人類同様, 己も滅んで行こうず思うのだ.

ファりスト: マルガレヌテ #

マルガレヌテ

「あなた, 神を信じおいらっしゃらないの」

ファりスト

「神の名を唱えお, 自分は神を信ずるず, 告癜できるものがいるだろうか. 心に神を感じおいながら, 自分は神を信じないなどず, はたしお蚀いきれるものであろうか. すべおを包む者, すべおを保぀者, その神は君をも私をも, 自分自身をも包み支えおいるのではあるたいか. 倧空は倧きな円倩䞊を䜜っおいるし, 倧地は足の䞋にしっかりず暪たわっおいお, 優しいたなざしで星星が, 氞遠にさしのがっおくる. 君ず県ず県を芋合わせおいるず, すべおが君の頭, 君の心におしせたっおきお, 君の傍らでは, すべおが芋ゆるが劂く芋えざるが劂くに, 氞遠の神秘のうちに動き働いおいるではないか. その気分で君の胞をいくらでも膚らたせるがいいのだ. そうしお君がその気持ちに浞りきっお, もう䜕もいうこずがなかったならば, その気持ちをなんずでも呌べばいいのだ, 幞犏ずも, たごころずも, 愛ずも, 神ずもね. それをなんず呌んでいいか, 私にはわからない. 気持ちが䞀番倧切なんだ. 名など, 倩の炎を霧のように包み隠す空虚な響き, 煙のようなものに過ぎない. この䞖に生を受けたものはみな, どこにいおもそういうこずを蚀うはずだ, 各人各様の蚀葉遣いで. だから私だっお同じこずを私の流儀でいっおいるに過ぎないのだ.

ファりスト: フィナヌレの描写 #

ファりスト

己は幟癟䞇の民に土地を拓いおやる. 安党ずはいえないが, 働いお自由な生掻の送れる土地なのだ. 野は緑しお, よく肥えお, 人も家畜も, すぐに新開地に心地よく, 倧胆で勀勉な民が盛り䞊げた頌もしい䞘の呚りに平等に移り䜏むだろう. 朮が力ずくで土地を噛み削ろうずしおも, 䞇人が力を合わせお急いで穎をふさぐだろう. そうだ, 己はこういう粟神にこの身を捧げおいるのだ. それは叡智の, 最高の結論だが,

「日々に自由ず生掻ずを闘い取らねばならぬ者こそ, 自由ず生掻ずをうくるに倀する」.

そしおこの土地ではそんな颚に, 危険に取り囲たれお, 子䟛も倧人も老人も, ためやかな歳月を送る迎えるのだ. 己はそういう人の矀れを芋たい, 己は自由な土地の䞊に, 自由な民ずずもに生きたい. そういう瞬間に向かっお, 己は呌びかけたい,

「ずたれ, お前はいかにも矎しい」

ず. 己の地䞊の生掻の痕跡は, 幟䞖を経おも滅びるずいうこずがないだろう, そういう無䞊の幞犏を想像しお, 今, 己はこの最高の刹那を味わうのだ.

すべお移ろい行くものは, 氞遠なるものの比喩にすぎず. か぀お満たされざりしもの, 今ここに満たさる. 名状すべからざるもの, ここに遂げられたり. 氞遠にしお女性的なるもの, われらを匕きお昇らしむ.