🎓収集心が才能のわたしにはミニマリズムは無理がある

🎓収集心が才能のわたしにはミニマリズムは無理がある

October 30, 2022

偶然ミニマリストになってしまった.

🎓全てを手放したのでこの世に未練がない

そしてなってみて気づいたのだが, ミニマリズムはわたしにフィットしない.

わたしがミニマリストに興味を持ったのは生活費の削減ノウハウであり, ほとんどモノを捨ててしまったのは若げのいたりと無謀な憧れだった.

しかし全て捨ててしまったあとに, どうもわたしはミニマリストには惹かれなかった. 特に, 🦊ストレングスファインダー分析結果をみると, そもそもが収集心が強みであった. ミニマリストはわたしにはフィットしない思想だ.

🎓図書館の中をゆっくり歩き回ることが最高の幸せのひとつであり, 書籍に囲まれて潰れたいヘンタイには図書館という空間が大好きだ. 図書館に関わらない, 個室ビデオだって, プラモデル屋だって, ものすごいモノが収集されている空間が好きなのだ. もはやWikiの作成など水を得た魚のような才能の強みを感じる(🎓強みの収集心とWikiの相性が抜群にいい).

それでもフィットさせようとするならば, ダンディズムなのだ(🎓ミニマリズムからダンディズムへ).

この経験は, 流行に流されて自分を失ったよい経験だ. 自分どころか, いろいろと大切な洋服も書籍も勢い余って捨ててしまった. 一番後悔しているのは布団を捨ててしまったけど, いつになっても貧困から脱出できないので2年くらい布団なしで生活している今の現実である. 冬は寒いんだよ.

幸せになるには, 自己分析をして自分にフィットする思想を選ぶことだ.