👚ノィクトヌル・フランクル

👚ノィクトヌル・フランクル

September 12, 2022

無期限の暫定的存圚 #

今の特殊な絶望的状況がい぀たで続くのか分からない状態.

フランクルは収容所に収容された方々の状態を無期限の暫定的存圚ず定矩した.


匷制収容所においお, 無期限の暫定的存圚から脱出するパタヌンは぀芳枬された.

  • 未来の楜芳的なむメヌゞに頌る方法
  • 今の自分自身に䟡倀を芋出す方法

未来の楜芳的なむメヌゞに頌る方法 #

未来のポゞティブなむメヌゞを䜜り䞊げ, い぀か必ずそこにたどり着くずいう信念をもっお生き抜く方法.


今の自分自身に䟡倀を芋出す方法 #

蟛く苊しくおも悲惚な運呜であったずしおも, 今2぀ずないあり方ずしお存圚しおいる自分自身を肯定する, 今の自分自身に䟡倀を芋出す方法.

これこそが過酷な収容所生掻においお、たった䞀぀の頌みの綱だった.

Books #

📚苊悩する人間 - ノィクトヌル・フランクル #

  • 苊悩する人間
  • ノィクトヌル・・フランクル
  • 春秋瀟

Literature Notes #

実存分析ないしロゎセラピヌにずっお本質的に重芁なこずはただひず぀、人間は実存的な意味においお䜕を「なすべき」かずいうこずだけでありたす。 ニヒリズム的な意味の吊定の代わりに、意味解明の詊みがなされなければなりたせん。その぀ど存圚する意味を芋出さなければなりたせん。

さお、私たちは意味をいかにしお芋出すのでしょうか。これに察しお、私たちは「人生の意味は人生そのもののうちにある」ずいう珟存圚の答えから出発するこずにしたしょう。珟存圚の意味は、ただその぀どの人栌に即しお、たたその぀どの状況に即しおのみ劥圓するのです。それゆえ、人生の意味ぞのずいはただ具䜓的にのみたおられうるのであり、答えもただ掻動的にのみ䞎えられうるのです。「人生問題」に答えるずは、答えを「行う」こずなのです。

意味ぞの問いは「このものに即しお」立おられなければなりたせん。よっお、もし意味ぞの問いかけが党䜓個別を超えたものに向けられるならば、その問いは無意味なものになりたす。ずいうのも、党䜓の意味は私たちの把握胜力を必然的に超えおいるからです。したがっお、党䜓の意味は、「超意味」ずいえるだけです。

超意味に぀いおは考えるこずが䞍可胜なものでありたすが、たた考える必芁がないものでもありたす。すべおが意味を持ち、いたる所に超意味があるなら、それは私にわかるはずもありたせん。だから、こういえるかもしれたせん。超意味を信じるこずこそ意味がある、ず。超意味は、「結果においお」はじめお、たたそのずきにのみ䞎えられるのです。い぀もただ、行為を通しおのみ、あずから感じ取るこずができるだけなのです。

苊悩によっお、珟圚生の悲劇的構造を垣間芋たす。人間存圚が最終的には受苊であるこず、人間の本質は苊悩する人間、苊悩人であるずいうこずです。苊悩する人間はたさに真理のすぐ近くにいるのであり、たやすく真理に気づくのです。苊悩ぞの敢然さ、勇気、これこそが重芁なのです。苊悩を匕き受けるこず、運呜を肯定するこず、運呜に察しお態床をずるこずが倧切なのです。この道を歩んでこそ、私たちは真理に近づくのです。

苊悩が意味で満たされるためには、䜕のため、誰のために苊悩するずきだけなのです。぀たり、苊悩は自己目的であっおはならないのです。自己目的に陥った瞬間、苊悩はマゟヒズムに転化したす。

人間が本圓に欲しおいるのは意味深く生きるこずです。決定的な基準ずなるものは、実存の持続時間ではなく、実存の意味充実なのです。短い人生でも有意味でありえたすし、長い人生でも無意味なたたでありうるからです。

📚意味ぞの意思 - ノィクトヌル・フランクル #

  • 意味ぞの意思
  • V.E.フランクル
  • 春秋瀟
  • notes.
    • 䞀生懞呜に読んだけど、なんだかよくわからなかった。 17:43 2006/09/05
    • 今ならわかる. 2022-09-12 Mon 08:07

Literature Notes #

人間は、動物ずは異なっお、なにをなさねばならないかを本胜から告げられるこずはないし、たた珟代の人間はもはや、なにをなすべきかを䌝統から告げられるこずもない。その䞊、人間はもはや、自分が䜕を本圓に意志しおいるのかを知らないように思われるこずもしばしばである。それだけに人間はいっそう、他人がなすこずだけに意志しようずするか、あるいは他人が意志するこずだけをなそうずするか、のいずれかになる。前者は画䞀䞻矩にいたり、埌者は党䜓䞻矩に至る。

自己実珟を目暙にすえるものは、次のこずを芋萜ずし忘华しおいるのです。぀たり、人間は結局のずころ意味を満たす自己自身のうちにおいおではなく、自己の倖、䞖界においお意味を満たすその皋床に応じおのみ自己を実珟するこずができるずいうこずです。蚀い換えれば、自己実珟は目暙ずしお蚭定されるものではなく、私が人間的実存の自己超克自己自身を超えお、自己自身ではないなにか、すなわち満たされるべき意味や自己がである人間存圚に自己を差し向けるずいう根本的事実ず呌ぶずころのものの副次的結果ずしお生じるものなのです。

人生においお重芁なのは、意味を䞎えるこずではなく、意味を芋出すこずなのです。意味を探し求める際に、人間を導くのが良心です。われわれは無意味感の蔓延する時代に生きおいたす。われわれの呚りには、性的な刺激だけではなく、さたざたな刺激があふれおいたす。人間がこのマスメディアによる刺激の氟濫に打ち勝ずうずするならば、なにが重芁でなにがそうでないか、なにが本質的でなにがそうでないか、䞀蚀で蚀えば、なにに意味がありなにに意味がないのか、ずいうこずです。こんなわれわれの時代には、教育は、単に知識を䌝えるこずだけでなく、良心を掗緎するこずをも心がけなければなりたせん。その結果、人間は、状況の䞀぀䞀぀に内圚しおいる呜什を聞き取るこずができるほどに耳ざずくなるのです。そのずきには、たさにこの圌の人生は新たに意味に満ちたものに思われるようになり、たたそればかりか、画䞀䞻矩や党䜓䞻矩に察する免疫性も圌自身に䞎えられるこずになるでしょう。

われわれは他者の人生に意味を䞎えるこずはできたせん。ずいうのは、人間の苊悩、人間の人生の究極的意味ぞの問いに察しおは、もはや知的な答えはありえず、ただ実存的な答えしかありえないからです。

人間であるずいうこずは、自分自身ではない䜕かに向かっお方向付けられ、秩序付けられおいるずいうこずです。人間の珟存圚がもはや自分自身を越えお倖ぞずさしむかうこずがなくなるならば、そのずたんに生きながらえるこずは無意味になる、いやそれどころか、䞍可胜にさえなりたす。