📚旧玄聖曞

📚旧玄聖曞

📚ペブ蚘 #

たしか倧孊の哲孊れミで読んだ. 生きるこずに疲れるず, なぜか思い出す.

Literature Notes #

ペブは、幞犏に包たれお、神を敬い生掻しおいた。そこでサタンは、神に蚀った。「ペブは、利益もないのに神を敬うでしょうか」そこで、神は、そのこずを詊すために、呜以倖のすべおのものを奪っお、圌に苊難を䞎え、ペブを芳察しおみた。ここたでが序曲。

ペブはたず、自分の存圚を嫌悪し、死ぞの願望を持ち始めた。「なぜ、よりによっおオレがこんなにも苊したなければならないのか、䜕も悪いこずをしおないのに」しかし、この段階では、神を呪っおいない。「この苊難にも意味があるはずだ。神が䜕の理由もないのに、苊しめるはずがない。もしかしたら、過去にした眪を俺は芋逃しおいるだけかもしれない。そうだ、眪があるはずだ。その報いを果たさなければいけないのだ。しかし、わからない。いくら考えおも、こんな目にあうようなこずをした芚えがない。なぜなぜわからない。教えお欲しい神ず盎接話しお、教えお欲しい」

友達たちも、ペブに眪があるから神は苊難を䞎えるのだ、ずいった。゚リパズは、「神は䞖界をそれ自身の法則に委ねおいるので、君の䞍幞も神から䞎えられるのではなく、きみの眪から自動的に発生するのだよ」、ずいった。゚リフは、「きみは䜕も悪いこずはしおないが、君には謙虚さがない。君は䜕も知らないし、無力だ。きみは自分を正しいず思っおいるが、きみは䜕も知らないのだ。そのこずを自芚しなさい。」ずいった。

しかし、ペブはそれに玍埗がいかない。友達に反論しおいるうちに、぀いには、ペブは「自分は正しい自分には眪がない。神が間違っおいるんだ」ず思うようになる。ここで、぀いにペブは、神を呪った。神ず自分を察等の䜍眮に眮き、呜がけで、神ず察決しようずした。

そこで神が珟れた。神はペブに蚀った。「お前は神なのか私はすべおを知っおいる。私は党胜だ。お前は䜕も知らない。お前は䜕もできない。お前は匱い。私が党おだ。私に埓え」。ペブは、蚀った。「おっしゃるずおりです。埓いたす。」ペブは、自分の無知を自芚した。謙虚さを身に぀けた。

神は、友人たちに「お前たちぱゎむストだが、そのこずに怒っおいるぞ」ずいった。ペブは神から恩恵を受け、幞犏になった。