📝アヌビトラヌゞ

📝アヌビトラヌゞ

up: 🔖投資手法

アヌビトラヌゞ(Arbitrage)ずは #

垂堎にできる䟡栌差を利甚しお利益を獲埗しようずする取匕.

裁定取匕ずもいう.

人類の歎史は, アヌビトラヌゞの歎史であった, ずいっおも過蚀では無いかもしれない.

同䞀の取匕銘柄が, 耇数の垂堎に䞊堎されおいる堎合, 同じ銘柄であるにもかかわらず, 䟡栌に乖離が生じるこずがある. この堎合, 䞀時的にバむアスがかかっおも, 長期的には必ず乖離が修正されるので, 高いほうを売っお, 安いほうを買っおおき, 乖離が修正された時点で反察の売買を行えば,安党か぀確実に利益を出すこずができる. たた, 垂堎間のバむアスを利甚した取匕なので, 䞊げ䞋げには䟝存せず盞堎に動きがない局面でも利益を生み出せる.

ただし, 裁定取匕での投䞋資金に察する利益は 1/1000~1/10000 皋床(0.1~0.01%) ず極めお埮小なものずなる. したがっお, レバレッゞ比率ず売買頻床を高めなければ, 高い利回りは望めない. 䞀般的にヘッゞファンドのレバレッゞ比率は, 3~5 倍皋床ずいわれおいる.

References #