🎓成功はサイコロを振るように当たらないが振り続ければ大数の法則により確率が収束する

🎓成功はサイコロを振るように当たらないが振り続ければ大数の法則により確率が収束する

死ぬ気を頑張ったところでうまくいくかどうかはサイコロを振るような運にかなり左右されるとしたら?

成果がでないからといってさらに ガムシャラに努力することはゆるやかな自殺にすぎない. 視点を変えたり市場を変えたりしたらすぐにうまくいくかもしれない. そしてそれも含めて成功はサイコロに委ねられているのかもしれない.

しかし確率というものは大数の法則によって収束していく. 試行回数を重ねれば重ねるほど, チャンスはある. 仮に100コのアイデアのうち3つがあたりであれば, 100回挑戦することによって3回当たるのだ.

しかし悲しいことは今現実の成功の確率が3/100という事実を知ることが事前に知ることが出来ないことだ. 確率とは過去の事象から算出するものなので. 未来の成功確率を知っているのは神のみぞ知るってやつか?

そして無力な人間は成功の可能性を信じる信仰心によってのみ心折れずに努力をし続けることができる. なんどでもサイコロを振り続けること.

ref. ピボットすべき正当な理由は新しくサイコロを振ること