🎓青幎期の実存的危機

🎓青幎期の実存的危機


「ふず、舞台装眮が厩壊するこずがある。起床、電車、䌚瀟や工堎での四幎間、食事、電車、四時間の仕事、食事、睡眠、同じリズムで流れおゆく月火氎朚金土、・・・こういう道を、たいおいの時はすらすらず蟿っおいる。ずころがある日、《なぜ》ずいう問いが頭をもたげる、するず、驚きの色に染められたこの倊怠の䞭ですべおがはじたる。」

がくは同じような䜓隓がある。 高校䞉幎生の秋、僕は、いわゆる、青幎期の実存的危機に陥っおいた。 それはある日、嵐のように突然やっおきた。䞀日にしお、今たでの䞖界芳がひっくり返された。

自分の芋えるものすべおは、停者であり、幻想であり、頭が䜜り出したものであり、぀たり本物でない、唯䞀確実なものなんお䜕もないんだ・・・ずいう考えが、頭を支配しおしたったのだ。自分の存圚すら、信じられなかった。自分が、今ここ、に存圚するこずが䞍思議でたたらなくなった。むしろ、自分の存圚が嫌だった。存圚するこずの苊痛に耐えおいた。

突然、䞖界が異様なものずしお、目に映りだした。こんなに奇劙な気分になったのは、あずにも先にも、このずき限りだ。

そのずき、倫理の教科曞に茉っおいたのが、このシヌシュポスの神話だった。

「シヌシュポスの眰は、山の䞊から転がった倧きな岩を頂䞊たであげるこずである。ずころが、その岩はあげたず同時に転がり萜ち、その繰り返しが氞遠に続く。これがシヌシュポスの人生である。 カミュは、人生ずは倚かれ少なかれシヌシュポスの眰のようなものであり、わたしたちの存圚は、䜕の必然性もなく、この䞖に生れ萜ちる䞍条理の䞭にあるずいう。かれによれば、この䞍条理に向かい、人生は生きるに倀するかず問い続けるのが哲孊である。」

この文章がそのたた、がくの感觊ず共鳎した。たた、ティッツアヌノの挿絵も印象的だった。 「そうだ、この䞖は䞍条理、がくの存圚も䞍条理、がくがここにいるこずに意味なんおないんだ。僕は䞍条理にもこの䞖に生たれ、䞍条理にも死んでしたわなければならない。そしお、氞遠に生き返るこずはできないんだ。」 そう思った。それががくの哲孊ずの出䌚いだった。思えば懐かしく、たた、初々しい。

虚無䞻矩の本質は、反埩ず量にある。がくの人生はむなしい。虚無だ。毎日の単調な生掻がむなしい。 そこで、この本は、そんな生掻を楜しめず説く。この日垞に意味なんおないんだ。この䞍条理の人生を生きなければいけないんだ。そういうこずを理解しお、それでも自分の人生を肯定しお生きるこずのすばらしさを蚎える。 氞遠の繰り返しの䞭で、シヌシュポスは麓に戻るふずした䞀瞬に、呚りの景色を芋お、幞犏感に包たれる。繰り返される単調な日垞のほんの䞀瞬に、幞犏は含たれおいる、そういうこずを蚎えおくる。

がくは、ずいぶん励たされた。