📝HTTP Protocols

📝HTTP Protocols

HTTP Protocolとは #

HTTPはHypertext Transfer Protorolの略. Web ブラウザと Web サーバの間でHTML などのコンテンツの送受信に用いられる通信プロトコル.

ref. Hypertext Transfer Protocol - Wikipedia

HTTP Header #

💡application/jsonにおけるAccept と Content-Typeの違い #

AcceptはClientがどんなデータを処理できるかを示す.

Content-Typeはどんな形式のデータを送信したかを示す.

  • Accept
    • {“Accept”: “application/json”}
    • サーバがクライアントにデータをレスポンスするときの情報.
    • 特に指定がなければ通常text/textを好む慣習がある.
  • Content-type
    • {“Content-Type” “application/json”}
    • GET Requestでは不要, Post Requestでは必須.
      • 具体的には POST requestにおけるbodyのデータ形式を指定.

HTTP GET #

クエリ文字列 #

WebブラウザなどがWebサーバに送信するデータを送信先を指定するURLの末尾に特定の形式で表記したもの.

以下は全て同じ.

  • クエリストリング(query string)
  • GETパラメータ(GET parameter)
  • URLパラメータ
  • URLクエリパラメータ

URLの末尾に「?」(クエスチョンマーク)を付け, 続けて「名前=値」の形式で内容を記述する. 値が複数あるときは「&」(アンパサンド)で区切り「?名前1=値1&名前2=値2&名前3=値3」のように続ける.

HTTP POST #

リクエストBody #

POSTリクエストにパラメータを添えるときに必要.

Content-typeによる形式の指定が必要.

{"Content-Type" "application/json"}

HTTP Status Code #

HTTP ステータスコード.HTTP ステータスコード - Wikipedia

1xx Informational 情報
2xx Success 成功
3xx Redirection リダイレクション
4xx Client Error クライアントエラー
5xx Server Error サーバエラー

HOWTO #

localhostにRequestした送信内容をみるには? #

Active Recalls #

HTTP Headerのapplication/json指定でAcceptとContent-Typeの違いはなんですか? #

Acceptはクライアントがどんなデータ形式を扱えるかをサーバに示す.

Content-Typeは実際にどんなデータを送信したかを示す.

HTTP GETや POSTでパラメータを送信するときにつかう仕組みをそれぞれなんといいますか? #

GETはクリエ文字列, POSTはリクエストBody.