📝プログラミング: データ構造

📝プログラミング: データ構造

データ構造とは #

データの集まりをコンピュータの中で効果的に扱うため, 一定の形式に系統立てて格納するときの形式.

Container: コンテナ #

コンテナとはオブジェクトの集まりを表現するデータ構造. コレクションともいう.

  • コンテナ (データ型) - Wikipedia
    • 配列
      • スタック
      • キュー
      • 連想配列データと別のデータやデータ構造を一対一に関連付けて格納する
        • ハッシュテーブル
        • ルックアップテーブル
    • 線形リストデータが次の (あるいは前の) データへの参照を持つ.
      • グラフデータが任意の他のデータへの参照を持つ.
        • 木構造一つの頂点から樹状に枝分かれしたグラフ.

各データ構造の詳細 #

Record #

データと別のデータやデータ構造を一対一に関連付けて格納するもの.

もっとも基本的なデータ型.

  • Atom
  • Tuple
  • List

List #

Tuple,Struct #

異なるデータ型であっても格納できる. ベクトルやリストは型がすべて同じものしか格納できない.

Record, Struct, 構造体と同義で利用されることもある.

Tree #

Stream #

要素は遅延評価される. そのため, ストリームは無限の長さをもつことができる.

For streams, this is a by-name parameter. That’s why the second argument to Stream.cons is not evaluated atthe point of call.

Instead, it will be evaluated each time someone calls tail on a Stream object.


Tags