📝命名規約概論

📝命名規約概論

プログラミング言語の命名規約概論.

Naming Conventions.


up: 📂Software Development refs: 📝コーディング規約概論

変数の命名規約 #

🏷PascalCase #

  • 複合語の先頭が大文字からはじめる.
  • camelCaseと区別するために, CapitalCase, UpperCamelCaseと表現されることもある.

🏷camelCase #

  • 複合語の先頭が小文字からはじめる.
  • PascalCaseと区別するために, lowerCamelCaseと表現されることもある.

🏷snake_case #

  • 複合語はすべて小文字
  • 単語間の繋がりはアンダーバー _
  • Python

🏷kebab-case #

  • 複合語はすべて小文字
  • 単語間の繋がりはハイフン -
  • lisp-caseともいう. LISP系言語で採用.
  • 🏷Clojure

codic #

codic - プログラマーのためのネーミング辞書

日本語からよい変数名を生成してくれるWebサービス.

🎓個人的な命名規約に関するインサイト #

とりあえず書き溜めておく. これをどうするかは後で考える.

💡 Web API設計の命名: snake_case vs camelCase #

一般的には snake_case or camelCase.

どうも絶対的な結論はないようにみえる.

誰がどこで使うかという観点で使いやすい方を選ぶ.

💡3つ以上の複合語からなる変数はより大きなデータ構造とそのグループにまとめる #

変数名なんて2つの複合語で収まることが多く, それ以上になるなるばより大きな抽象でグループにまとめるべきサインな気がする.

長い変数名は見た目が悪い.

確かに可読性のために丁寧に記述することは大事だ. C言語開発ではやたらとprefixを多用した経験がある. しかし構造体よりももっと簡単に連想配列やその抽象が構築できる令和の現在は,もっとカジュアルにデータをグルーピングしてもいいんじゃないかな?

グルーピングすることで構造がより見いだせるようになり, コードに秩序が加わる.