🎓タテとヨコからプログラミング言語を学ぶ

🎓タテとヨコからプログラミング言語を学ぶ

私は大学受験のセンター試験で世界史を選択したが, そのとき大いに影響を受け, かつワクワク書籍が以下の2つ.

この意味するところは, タテから各国の歴史を通史で捉え, ヨコから各国間の影響や同時代の文化が同歴史を変えていったのかを捉えることによって, 知識を縦横無尽に組み合わせて知的興奮を促す.

プログラミング言語を学ぶときも, この考えでいきたい.

すなわち, タテが各言語でありヨコがプログラムにおけるコンセプトやパラダイムである.

C言語とJavaとRubyとClojure, それぞれの言語ごとの書籍はある. しかしそれぞれの言語に共通するコンセプトを能動的につなげることが大事. その努力がより一層知識を深堀して理解を促し, 記憶に定着する.

パターンやフレームワークにも転用できるかもしれない.

そして, このWikiではそのようなヨコの繋がりをタグ🏷 をつかって重要視する.

🏛プログラミング 🏛勉強


Backlinks