🗒Keido Note Rules

🗒Keido Note Rules

知的生産基盤の運用ルールのまとめ.

up: 🏷ブログ構築 ref: 🗒Keido Tips

Note種別 #

  • Zettelkasten
    • Fleeting(litetature)
      • Journal Note
      • Inbox
    • Concept Note(Permanent Note)
    • Structure(reference note)
      • Tag
      • MOC
    • Output Note
  • Wiki
    • Source(biblio)
      • Book
      • Talk
      • Online
      • Paper
    • WIKI Note
    • TOC Note
  • GTD
    • Area Note
    • Project Note
    • Goal Note
  • BML
    • Issue Note
    • Fact Note
    • Test Note
      • Interview
      • Search
      • Data Analsis
      • Experiment

Note種別とタグと絵文字の対応まとめ #

Zettelノート #

  • Literature Notes
    • 📚Book Note - BOOK - Books
    • 🎙Talk Notes - TALK - Stuido Microphone
  • 📝Wiki Note - WIKI - Memo
    • 👨Person(Man) Note - WIKI - Man
    • 👩Person(Woman) Note - WIKI -Woman
    • subtree
      • 💡Insight(他者の考察) - Electric Light Bulb
      • 🤔Thought(自己の考察) - Thinking Face
    • 🔧 howto/tips - Wrench
  • 📂TOC Note(for wiki) - TOC - Open File Folder
  • 🎓Concept Note - CONCEPT - Graduation Cap
  • 🏛MOC Note(for concept) - MOC - Classical Buildling
  • 🏷Tag Note - TAG - label
  • 🗒Doc Note - DOC - Spiral Note Pad
  • 🖊Output Note - Lower Left Ballpoint pen
  • 🔗External Link - Link

GTDノート #

  • ⌛Journal Link
  • 🔨Project Note - Hammer
  • ☑Area Note - Ballot Box with Check
  • 🏆Goal Note - Trophy
  • 🦊DardFox Note - Fox Face

BMLノート #

💡仮説は⚖事実 or 💡仮説から🤔推論により生み出す.

  • ❓Problem Note(問題) - question
  • 📍Issue Note(論点) - round pushpin
  • 💡hypothesisU(仮説) Note - Bulb
  • 🤔Abduction(推論) Note - Thinking Face
  • ⚖Fact Note(事実) - Balabce

⚖事実は💎データを比較/構成/変化のグラフで表現することで生み出す.

💎データは🔍検索/🗣インタビュー/🔬実験/📊分析で得る.

  • 💎Data Note - Gem Stone
    • 🔍Search Note
    • 🗣Interview Note Speaking
    • 📊Analysis Note - Bar Chart
    • 🔬Test Note - Microscope

💡仮説や💎データは アウトプットのためにまとめる.

  • 📘ストーリーライン = tree of set of (📍論点-💡仮説)
  • 🎨絵コンテ = set of 💎データ.

Wiki 設計 #

Wiki Note #

  • Wikiには外部の知識を書く.
  • 他者の意見と自分の意見を分けてかく.
  • Wiki Noteのタイトルには📝をもちいる.

TOC Note #

知識のタテの流れを構成するノート.

Wiki NoteはTOC Noteを兼ねる. Wiki Noteを拡張して TOC Noteにする. Wiki Noteに書く内容が大きくなってきたらTOC NoteとサブWikiノートに分割する.

  • コンテンツを持たない場合は,
    • titleは “List of xxx”
    • aliasで “📂 xxx”
  • コンテンツを持つ場合
    • titleは “📝 xxx”
    • aliasで “📂 xxx”

TAG Note #

知識のヨコの流れを構成するノート.

Wiki NoteはTAG Noteを兼ねる. Wiki Noteを拡張して TAG Noteにする. Wiki Noteに書く内容が大きくなってきたらTOC NoteとサブWikiノートに分割する.

  • コンテンツを持たない場合は,
    • titleは “List of xxx”
    • aliasで “🏷 xxx”
  • コンテンツを持つ場合
    • titleは “📝 xxx”
    • aliasで “🏷 xxx”

Noteの関連 #

  • あるWiki Noteから別のWiki Noteへの関連は refs: 📝xxxをもちいる.
  • Wiki Noteの親子関係は TOC Noteをもちいる.
    • サブWiki Noteか親Wiki Noteへの関連は refs: 📁xxx
    • 親Wiki Note(TOC Note)からサブWikiノートへの関連は, Titleが Index of XXX
  • 複数のWiki Noteの関係は, TAG Noteをもちいる.
    • TAG Noteは複数Wiki Noteを列挙して, Titleが List of XXX
    • あるWiki Noteから TAG Noteへの関連は refs: 🏷xxx
  • あるWiki Noteの上位の抽象概念をTOC Noteでまとめる.
  • あるWiki Noteの属性をTAG Noteでまとめる.

Note 設計memo #

wikiノートとtagノート, tocノートは応じて同じでもいい. はじめはすべて分けていたのだが, 同じtitleのノートが3つできると管理が面倒になったので統一する.

titleの表現が日本語と英語があれば, SEOを考慮する. だいたいの場合において, 日本語と英語の両方を書いてしまえばいい. また, titleの次の見出しに, (title) とはのようにSEOを意識したまとめを書く.

titleとはじめの見出しの間は検索では無視される部分のため, ここにtagsやupを使って別のNoteとの関連を貼る.

Zettelkasten 設計 #

T.B.D.


Tags