🎓GTDにおいてタスクの優先度は私で決めるのではなくてシステムが決めるもの

🎓GTDにおいてタスクの優先度は私で決めるのではなくてシステムが決めるもの

GTDにおいてタスクの優先度は私で決めるのではなくてシステムが決めるもの.

事前に与えたパラメーターと今の状況から自動でGTDシステムが判断してこれをやれ!と言うのが理想. そのためにコンテキストをレビューで設定しておく. 私が決めるのはソートのアルゴリズムで優先度ではなかった.

極論、SQL クエリを投げて先頭のいくつかを取り出してあとはルーレットで決めればいい. そしてOK Googleのような音声アシスタントでそれを実現できれば理想. もしくはシンプルなスマホアプリ.

よく陥る課題は,とりあえず頭に思い浮かんだことをInbox経由でSomedayに入れたり後で読もうとReferenceに集積していく結果,リストが膨大になりその整理が辛くなり, なぜかストレスフルによってレビューを諦めてしまうところ.

事前に期限やエネルギー,難易度などのサンクコストをレビューによって明らかにしたらあとは自動で優先度をつけて提示して欲しい. 次はなに? ときけば勝手に次の一手を教えてくれる秘書が理想.もしくは数個の候補からランダムに選択してもいい. GTDシステムというくらいだから,それがアルゴリズムに従って処理するシステムの役目では? もう人間はなにも考えたくないんだ.

難しい判断はすべてバックエンドのシステムに任せてフロントエンドではみたくないし, それこそがストレスフリーな仕事術はずだった.

🏛生産性