📝ox-hugo

📝ox-hugo

Org-modeからHugoに適したMarkdownとfrontmatterを出力するためのEmacs Package.

ref: 🗒Keido Tips

ox-hugo Tips #

howot: exportをスキップする方法 #

ref. Tags and Categories — ox-hugo - Org to Hugo exporter

  • file baseでは,#+hugo_tags に noexport
  • subtree baseでは,#+filetags に noexport

org-export-exclude-tagsに除外対象のタグを設定する.

howto: ox-hugoで画像を記事に埋め込むには? #

ox-hugoは/staticをrootにして画像を探すので,パスは/staticからの相対パスで書く.

ox-hugoはOrg fileに添付された画像をExportするときに自動でMarkdownファイルと同じディレクトリに配置してくれる.これは管理上とても楽である.

参考: Images in Content — ox-hugo - Org to Hugo exporter

tips: 文章の引用は src_exampleよりもsrc_quote #

どうも exampleでは改行が入らない. 見栄えを考慮するならsrc_quoteがいい. exampleはソースコードのログなどの表示のためだ.

tips: one big file and subtree vs many files #

一つのファイルとサブツリーにまとめるか, たくさんのファイルをディレクトリにいれるか問題.

そもそもox-hugoのメイン開発動機がひとつのファイルで管理したいというものなのでone big fileが推奨されている.

  • メタデータのfront-matterの管理がとても楽になるため.
  • #+hugo_properties_ をひとファイルずつ更新する手間が省ける.

ref. https://ox-hugo.scripter.co/#org-blogging-flow-editorial

The preferred way to organize the posts is as Org subtrees (also the main reason to write this package, as nothing like that was out there) as it makes the meta-data management for Hugo front-matter pretty effortless.

If you are a one Org-file per post type of a person, that flow works too! Just note that in this flow many of those #+hugo_ properties need to be managed manually.. just as one would manage the front-matter in Markdown files — See the Org versions in the above screenshots for comparison.

書きやすいのは個別ファイルだが, それはorg-narrow-to-subtree/widenでなんとかなるかも.

💡Org-modeをマインドマップにexportするには? #

ページ内参照設定(anchor) #

ref. Anchors — ox-hugo - Org to Hugo exporter

エクスポートのとき, ページ内参照リンクでつかうアンカー設定. 一意であればなんでもいいのだが, ヘッドラインの見出しを頻繁に変更するならばorg-idを利用するのがいいかも. アンカーにorg-idを利用する設定はデフォルトでは有効化されてないので自分で設定する必要あり.

(setq org-hugo-anchor-functions
  '(org-hugo-get-page-or-bundle-name org-hugo-get-custom-id org-hugo-get-id org-hugo-get-heading-slug org-hugo-get-md5))

Tags